TOP災害に備える共通編共通で用意

災害に備える | 共通編 | 家族編 | オフィス編 |

共通で用意家族のため自分のため情報収集のため危機を乗り越えたら

災害に備える 共通編1 共通で用意

いつかはきっとやって来る災害。災害に遭ってから用意はできないのであらかじめの用意が非常に重要。さらに、いつ災害に遭うか分らないので、場面別の用意や心構えを日ごろから考えておくことも大切。
防災資格ガイドでは、普段の暮らしを考えてシュミレーションをしてみました。
またナゼ必要かもあわせて考えてありますので、納得したら用意を考えてみてください。

 

共通で用意したい防災用品

ここではどの場面でも用意したい防災用品を考えます。
災害発生後、本格的救援が来るまで3日間をどう乗り切るかがポイント。やはり「衣食住」を考える必要があるでしょう。ポイントは玄関先か屋外の物置などに置くこと。家が倒壊してもピックアップできるようにするためです。
また、基本的に水道、電気、ガスなどのインフラは止まると思っていたほうが良いですから、そのことを考慮にも入れておきましょう。

 

どんな物が必要か確認してみよう!
□飲料水 2リットル入りペットボトル×人数×3日間分
□雑水 期限切れの飲料水を保存すればトイレ、食器洗い、洗顔などで使える
□食品類 日常的に食べる缶詰、ラーメン、パスタなどを多めにストックしておく
□調理道具 箸や皿、缶切り、ラップ(皿に敷いて食事をすれば皿洗いの水が不要になる)カセットコンロ・ボンベ(多めに)、鍋、料理ハサミ(何にでも使えて)便利
□衣類 洗濯した古着、下着を数着、タオル数枚を圧縮袋に入れる
□簡易トイレ 1日7回×人数分×3日間分

オススメ商品

アイリスオーヤマ 防災グッズ 避難リュックセット 【体験者の声を活かした13アイテム】 はっ水加工済 ¥7,400(税込)

●災害避難時に役立つ備蓄用セットです。
●防災マニュアルが付いています。
●リュックははっ水加工を施しているので、水をはじきます。

【セット内容】
リュック本体、 手回し充電ラジオライト、 非常用アルミシート(130㎝×210㎝)、 防災ずきん、 軍手、 ロープ(太さ1cm×長さ5m)、 ブルーシート(1.8×1.8m)、 レインコート(Lサイズ)、 ガーゼ(5×5cm、12あわせ10枚入)、 マスク、 包帯(巾5cm、伸縮時4.5m)、 絆創膏(スタンダードサイズ19×72mm、ジュニアSサイズ12×53mm 各20枚)、 ウェットティッシュ20枚

災害に備える | 共通編 | 家族編 | オフィス編 |

共通で用意家族のため自分のため情報収集のため危機を乗り越えたら

 

 

防災危機管理者 資料請求ページへ
(SSL暗号化通信 スマホ対応)

▲ページの上部へ